予備校の夏期講習を有効に活用しよう

ライブ授業

ライブ授業は、一言でいえば、新鮮でした。
テキストは過不足なくまとまっているように感じましたし、授業は工夫されていました。
手ごたえもありました。
面白いということだけが先行してしまうのではという不安もありましたが、面白いと感じながらも、しっかりと頭に入っていくのは不思議でした。
学校の授業はいろいろな生徒を対象にしているので自分に合っていない場合があるのに対し、夏期講習で選んだ授業というのは、自分の現状に合致しており効率が良く理解度も高まっていくからではないかと思います。
しかし、夏期講習としての授業であっても、普段から通っている人も多く、いつもの授業ありきの部分もあったので、できれば通年で通う方が効果が上がるのではないかと感じたことも確かです。
私の場合は、基礎講座に関しては十分目的を達成できましたが、その先の力をつけられたかというとそこまでではなかったように感じます。
国公立でいえば、センター対策まではしっかり力がつけられたものの二次対策までは十分ではなかったといえます。
ただし、英語に関しては、十分対応できたので、さほど取りこぼしのない人にとっては、夏期講習だけでも、今自分に必要なものを見極めてうまく使えば志望校合格により近づけるのではないかと感じました。

近隣に大手の予備校がなかったライブ授業講師の先生は個性派ぞろい