予備校の夏期講習を有効に活用しよう

講師の先生は個性派ぞろい

講師の先生は個性派ぞろいで、話が面白く授業だけではなくモチベーションを上げるような話をしてくれました。
志望校対策講座は、一人ずつ指名され回答、緊張感が走るも、確実に力がついているのがわかりました。
そんな、充実していたけれど、あっという間の日々でした。
大学受験は、とにかく範囲が広いです。
高校生活も忙しく、なにもかもやるということは不可能です。
ですから、予備校などのしっかりしたノウハウや指導を利用しながら、早めに高校の学習内容を終わらせて、受験対策をしていくのが理想だなと、後から思っています。
夏期講習だけでも、おそらくいろいろな相談に乗ってもらえたのではないかと思いますが、積極的なほうではない私は、そこまでは難しかったのが正直なところです。
普段は通える距離ではなかったのが残念ですが、大学受験は、志望校合格のための道筋がわかり、それに向かってひとつずつ足元を固めて行けるかどうかが一番大切だと思うので、自分でできないときは、その道筋がわかっている予備校の力を借りるのも一つの手だなと、これから受験する人にはアドバイスしたいと思います。

近隣に大手の予備校がなかったライブ授業講師の先生は個性派ぞろい